オーストラリア語学留学・ワーキングホリデーの無料サポートなら、オーストラリア留学ドットコム。

オーストラリア留学なら留学@オーストラリア > 語学学校を選ぶその前に! > 語学検定試験について

語学学校を選ぶその前に。

語学検定試験について

英語能力テスト

現在世界の英語検定試験には、イギリス英語の語学試験である IELTS や ケンブリッジ検定 、そしてアメリカ英語の語学試験であるTOEFL、TOEFL と実にさまざまな試験があります。その中で、オーストラリアで最も広く認められており、進学や永住権の申請などに必要な試験が IELTS 、一方日本に帰国後の就職で広く認められている試験が TOEIC ということになります。(オーストラリアの専門学校(TAFEや私立専門学校)や大学、大学院への進学には、一般的にIELTSのポイントが必要となりますが、学校によっては、TOEFLも受け付けられる場合もあります)

IELTSとTOEICの違いを知っておこう!

留学生の皆さんからよく受けるのが『 IELTS と TOEIC はどう違うの!?』という質問です。IELTS がイギリス英語の試験、 TOEIC がアメリカ英語の試験と言うのは簡単ですが、その内容の違いや資格試験としての意味合いを理解する必要性があります。どちらの試験の方がより自分に合っているのかを確かめてから勉強に取組まなければ、逆に目標に向かって遠回りしてしまう可能性があります。

IELTSテストについて

IELTSとは、INTERNATIONAL ENGLISH LANGUAGE TESTING SYSTEMの略で、 英語が母国語でない人向けの英語能力判定試験です。このIELTSはイギリス発祥のブリティッシュカウンシルが行なっている『読む(リーディング)』、『書く(ライティング)』、『話す(スピーキング)』、『聞く(リスニング)』の4つの英語能力を判定する、英語圏での教育機関へ出願を行なう場合に必要な英語検定試験です。この試験を受験すると、語学力を資格として証明することが出来るのはもちろんですが、他にも永住ビザの申請の際に英語力証明として用いられます。正確に英語力を計る試験として、オーストラリアでは最も知名度の高い英語検定試験として使用されており、また、世界120ヶ国で受験することが可能となっております。試験は大学などの進学目的で受験する Academic Module テストと、会社研修用もしくは移民目的、 TAFE への入学出願、私立の専門コースを受講する際の General Module とに分かれています。

このIELTS試験はこれまでオーストラリアでは、最も頻繁に行われておりましたが、一度受験すると希望の点数に達していなくても次の受験までに3ヶ月空けなくてはならないという規定がありました。しかし。2006年の規定の改定により、毎月受講することが可能となりました。
ただ、受験料が高いので、毎月受講できるからと言ってやみくもに受験するのではなく、しっかりとした対策を立てながら目標の得点を取るために勉強することが重要となります。

  • 英国、オーストラリア、ニュージーランド、北米の大学で英語力の入学判定基準として受け入れられています。
  • 試験を受けてから2週間以内で結果がわかります。
  • 16歳以上なら誰でも受けることができます。

日本では行われていますか?

日本でも、知名度が高くなり、ブリティッシュカウンシルの主催で毎月行われています。

テストの内容は?

テスト内容はAcademic Moduleの方が難易度は高いのですが、スピーキングとリスニングの部分の問題は Academic も General も同じ問題が採用されています。スピーキング、ライティングは1単位、リスニングとリーディングは0.5単位となり、合計1~9の点数で結果が通知されます。テスト結果には、バンド(成績)が記載され、総合結果のほかにリスニング、リーディング、ライティング、スピーキング各分野の結果がそれぞれ1~9までの得点域で表示されます。
一般的に専門学校やTAFE入学はAcademicで5.5以上、大学入学には学部によって違いますが6-7ポイントが目安となります。
受験は豪州国内では、大学のテストセンターで行なわれており、シドニーであれば UTS (シドニー工科大学)とシドニー大学、マッコーリー大学で申込み、及び受験することが出ます。

  • 4つのセクション

    1. リスニング
      問題構成は4部門に分かれており、制限時間は30分。テープから流れる英語(1回のみなので聞き逃さない注意が必要)を聞き、質問に答える。
    2. リーディング
      3部門に分かれており、制限時間は60分。問題は40問の構成となり基本的に長文問題が主となる。
    3. ライティング
      エッセイ2種類が出題され、1問目は150文字以上で20分、2問目は250文字以上で40分間での回答。合計60分。 
    4. スピーキング
      3部門に分かれており、一般的な自己紹介や家族、仕事や趣味などの質問に回答。与えられたトピックに対しプレゼンテーションを行なう。試験官と問答形式で回答し、試験時間は11分~14分程度。

リーディングとライティングのみ事前の選択により General Module と Academic Module とで問題が異なる。

  • 採点の仕方
    4つのセクションの合計からスコアを算出し、1~9段階の評価が出されます。1が一番低く、9が一番高得点でネイティブに近い英語力となります。又、IELTSテストと言っても受験者の目的でジェネラルとアカデミックモジュールに別れ、 英国の高等教育機関や、オーストラリアで大学、TAFEへの進学を希望しているならアカデミックを、勉強以外のトレーニング、企業研修、移住が目的の場合は、ジェネラル・トレーニングとなりますのでテストのお申し込みの際にはどちらを受講するかをお確かめ下さい。
  • TOEICテストについて

    TOEIC (トーイック)とは Test of English for International Communication の省略で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。 TOEIC は米国にある非営利テスト開発機関である、 Education Testing Service ( ETS )によって開発・作成され、現在世界約60ヶ国で実施されています。 このTOEICはListening と Reading という受動的な能力を客観的に測定し、 Speaking と Writing という能動的な能力までも含めた英語によるコミュニケーション能力を総合的に評価できるように設計されています。テスト結果は合否ではなく、10点~900点までのスコアで評価されるシステムとなります。

    企業では英語研修の効果測定、英語能力測定、海外出張や駐在の基準、昇進・昇格の用件として役立ち、大学・短大では英語過程の単位認定や推薦入試などの目安として使われるテストがTOEICです。
    海外留学経験者として、履歴書に書けるスコアは600点からと言われており、イギリス英語圏であるオーストラリアでもTOEICの短期集中の専門学校は大変人気があり、試験の傾向と対策、そしてテクニックを効果的に身につけることが出来ます。

    TOEFLテストについて

    TOEFL とは、Test of English as a Foreign Languageの略で、英語を母国語としない人々の英語能力判定試験のことです。日本でも英語能力判定試験として知名度は高く、この試験は主に北米の大学・大学院の留学希望者が授業に対応できるだけの英語力を有しているかを判断するために利用されています。

    • 日本では行われていますか?
      東京、横浜などいくつかの都市で行われています。
    • テストの内容は?
      マークシートを使用する(PBT: Paper Based Test)と、受験者が受験地にあるコンピューターを各自1台使用して解答する試験(CBT: Computer Based Test)の2種類がありますが、現在ではCBTが主流となっています。時間配分は以下の通りとなります。

      Listening:30~49問 / 40~60分
      Structure:20~25問 / 15~20分
      Reading:44~55問 / 70~90分
      Writing:1問 / 30分

    • 採点の仕方
      CBTは10~300点で、PBTは310~677点で評価されます。
    • 英語能力テスト点数比較早見表

      それぞれの試験の判定の仕方、問題内容が異なるので、一概には一概には言えませんが、日本の英検、IELTS,TOEIC,のスコアを比較すると以下のようになります。英語能力テストのいずれかをお持ちの方は他のテストのスコアと比較してみてください。尚、オーストラリアの大学進学には、TOEIC、英検は通用しません。

      IELTS TOEFL TOEIC 英 検
      9・0 677(300) 990 一級
      8・5 ~673(297) 950~
      8・0 ~950
      7・5 600(250)
      7・0 ~810 準一級
      6・5 550(213)
      6・0 ~750
      5・5 500(173) 二級
      5・0 ~680
      4・5 400(133) ~560 準二級
      4・0 ~450
      3・5 ~400(133) 三級
      3・0
      2・5 四級
      2・0
      1・5
      1・0

      IELTS 試験対策コースを開講している学校

      • Sydney English Language Centres (SELC)

        コースの特徴

        IELTS最高試験官が在籍!

        本コースは、IELTS試験官、試験官トレーナー、IELTS最高試験官を経た長年の経験を最大限に活かしたコースです。
        SELCの優れた講師陣と共に最新のIELTSの傾向をもとにプログラム開発をしました。
        SELCだからこそできるIELTSのポイントとテストに成功する秘訣をコースに組み込むことで、学生のニーズに応えられるものと確信しています。また、SELCはプレテストセンターとして認定されており、学生は本番さながらの模擬試験を受けることができます。模擬試験を受けた学生はケンブリッジ大学からの評価も受けられます。最新のIELTSの情報がここにあります。

      • Lloyds International College

        コースの特徴

        便利なロケーションで予算も抑えるなら!

        タウンホールから徒歩5分という恵まれた環境の中、コミュニケーションを重視したクラスで楽しく学べることで知られるのが、ロイズ・インターナショナル・カレッジ。英語コース、ビジネスコース、高校進学準備コースなどを提供している。中でも一番の人気を誇るのが、一般英語コースで中級レベル以上、または入学テストに合格した学生を対象に実施されているIELTS テスト準備コース。IELTS試験をベースにした『読む、書く、話す、聞く』で構成されたコースは、大学や大学院進学、また各種専門分野へ進む為に必要な高度で専門的な英語力を徹底して自分のものに出来る。

      • GEOS St.Marks International College

        コースの特徴

        働きながらでも学べるIELTS夜間コース。

        IELTSやケンブリッジ検定で絶大な実績を誇るのがセントマークス。目的に合わせて3レベルのIELTS準備コースを受講できる英語学校。3レベルを開講していても席はいつも満席状態の大人気のコース。日中のクラスに加えて夜間集中コースもあり、働きながらキャリアアップを目指す人に最適。

      • Access Language Centre

        コースの特徴

        経験豊富な講師陣と共にスコアアップを目指す。

        トップレベルの英語コースをリーズナブルな料金で受講できるのがアクセスの最大の魅力。経験豊富な講師陣は全員資格を保持する大卒揃い。現役IELTS試験官が講師なのでポイントを抑えた指導と弱点強化が徹底している。名門校ならではの大学や専門学校との提携数も豊富で、進学を考えている人にはIELTSスコアなしで推薦入学が可能な EAP コースもオススメ。

      • Milton Language Centre

        コースの特徴

        IELTSで目標のスコアを達成できる徹底的な指導

        落ち着いたノースシドニーの便利な場所に位置し、アットホームで温かい雰囲気の中で英語の学習ができる。中級以上の英語レベル保持者のためのIELTS準備コースは試験内容を詳しく理解し、時間配分なども含めた戦略を、16週間を1周期としたカリキュラムでカバーしている。またミルトンでは、TOEICの集中コースも年に2回ほど開講しており、コチラも人気のコースとなっている。

      ※その他にも試験対策講座を開講している学校が多数ありますので、 IELTS や TOEIC 試験対策に興味のある方はお問い合わせ下さい

      TOEIC 試験対策コースを開講している学校

      • Language Education Tertiary School ( LETS )   

        コースの特徴

        TOEIC短期集中コースで一気にスコアアップ!

        現地では知らない人はいない、とても有名なTOEICの短期集中コース。短期集中コースは2週間となっている。初級編( Part1 )と上級編( Part2 )と分かれており、トータル4週間 TOEIC 対策を仕上げることが出来る。講師は日本人に英語を教えて10年以上、TOEIC専門の講師になってから5年以上のスティーブン先生。年中満席になる人気コースだが、人気の秘訣は日本語と英語の両方を使った講義スタイルと、何より初級&上級の2コースを受講した生徒には50点スコアアップも保障している徹底ぶりだ。年間500人以上の日本人が受講する確かな実績を誇り、とにかく分かりやすいと大好評。すぐに席が満席になるので、早めの予約が必要となります。

      ※その他にも試験対策講座を開講している学校が多数ありますので、 IELTS や TOEIC 試験対策に興味のある方はお問い合わせ下さい。

    資料請求はこちらから

    ▲pagetop