オーストラリア語学留学・ワーキングホリデーの無料サポートなら、オーストラリア留学ドットコム。

シドニー留学のススメ

はじめまして。オーストラリア留学ドットコムの渡邉です。

私自身、ワーキングホリデー時代、留学生時代にシドニー以外の他都市を色々と旅行してみました。(メルボルン、キャンベラ、ゴールドコースト、ブリスベンなど)

その結果感じたことは、

生活基盤を作り、しっかりと腰を据えて勉強し、将来のキャリアアップを目指すのならば、シドニーだな。

という事です。(もちろん、それぞれの都市にそれぞれの魅力はありましたが)

私自身が考える、オーストラリア留学の魅力、中でもシドニーという都市の魅力やお勧めしたい理由を項目別に述べてみたいと思います。

初めて英語を学ぶ方にとってハードルが低いオーストラリア

オーストラリアは移民の国ですので、他国籍の人間にも優しい雰囲気があります。

例えば、空港や銀行、ショップ、レストランなどでたどたどしい英語で話していても嫌な顔をされることはあまりありません。

もちろん、スタッフによってはあからさまに嫌な顔をする人もいるかもしれませんが、英語が母国語ではない人達と接することが非常に多いオーストラリアですから、ネイティブスピーカーも英語が出来ない人には慣れっこなのです。

その為、ゆっくり話してくれたり、外国人のたどたどしい英語でも一生懸命聞こうとしてくれたりします。

特に親日家も多いオーストラリアは、最初に学ぶ英語圏の国としては日本人にとって最適な国ではないでしょうか。

ヨーロッパのいくつかの国にも、ワーキングホリデー制度はありますが、その現地の言葉を話すことが前提として動いている社会ですと、なかなか生活に順応していくことは大変ではないでしょうか?(日本も同様ですが、日本は「日本語を話せないこと」を前提とした社会ではありませんので、日本に来た外国人はかなり大変だと思います。)

海外生活の経験があり、既に中級程度の英語力がある方がステップアップを目指す
のでしたら、オーストラリア以外の英語圏の国でも良いと思います。

しかし、今回が初海外で現時点で英語があまり出来ず、今後留学によって英語力を上げていきたいとお考えの方には、オーストラリアは最も適した国だと思います。

語学学校・専門学校が充実。世界各国から人が集まる

オーストラリアは多国籍国家です。英語圏の人々だけではなく、アジア、ヨーロッパ、南米、アフリカ、実に様々な国から人々が来ています。

英語を世界各国の人達とのコミュニケーションツールとして考えれば、オーストラリアほど留学地として適した国はないでしょう。

特にシドニーは語学学校・専門学校の数が大変充実しており、学べないコースはないと言っても過言ではありません。そういった意味で、オーストラリアの各主要都市の中でもシドニーは勉強する環境に大変恵まれています。

また、世界各国から留学生が集中する都市でもありますので、国際色豊かな友人関係の構築にも良いでしょうし、そのような環境が英語上達を手助けします。

シドニーの語学学校は国籍バランスにも配慮している学校が多いので、現地滞在中ガッツリ英語を勉強したいという方、或いは英語上達後、更なるキャリアアップを視野に入れて専門コースへのステップアップを考えている方には、シドニーはお勧めの都市と言えます。

語学を習得した後でお金や時間に余裕がある方は、出来ること

ある専門知識を英語で学ぶというのは、英語のみを楽しく学ぶのとは違って大変な部分もありますが、それだけ得るものも大きいです。さらに、英語を用いて専門知識を得たとすれば日本での就職もとても幅広くなるのは間違いありません。

シドニーには、語学のみならず、その先にあるもう一段階上のキャリアアップへつながる道が用意されていると言っても過言ではありません。

金銭面が楽

オーストラリアが最初の留学地としてお勧めなのは、英語環境だけでなく、金銭面からも言えることなのです。

同じ英語圏であるアメリカやイギリス、カナダ等と比べ、オーストラリアの生活費や学校の授業料は低めの水準ですので、留学費用を抑えることができます。

1ヶ月、2ヶ月の短期留学ではそこまで大きな差となって出てこないかもしれませんが、1年単位の長期留学となると、その費用の差は数十万円程度では決して納まらないでしょう。
※厳密には日本と留学予定国の2国間為替レートにも大きく依存しますが。

また、シドニーはオーストラリアの他都市よりも授業料が高めであると考えている生徒さんがいらっしゃいますが、実際はシドニーの学校は奨学金制度が用意されていますので、見た目の1週間当たりの授業料とは裏腹に、実質的な授業料は他都市よりも安くなることが多いです。

もちろん、生活費に関しては他都市の方が安く済む確率の方が高いと思いますが、その分アルバイトの時給も低いので、学校の授業料以外の収支で考えれば、あまり差異はないのではないかと思います。(アルバイトをすることが前提ですので、アルバイトをしない場合には他都市の方がより安く済むでしょう。)

オーストラリアは、金銭面から考えても魅力的な英語圏の留学地と言えるのではないでしょうか。

治安が良い・便利・快適(暮らしやすい)

留学予定地の治安という部分は、留学においては非常に気になるポイントではないでしょうか。

やはり安心して生活したり、勉強したりするには、治安の良い国を選びたいものですし、ご家族だってその方が安心できるというものです。

ただ、最初に敢えて断っておきたいと思いますが、海外はおろか、日本にいても、100%治安の安全な場所などありません。

日々世界中で凶悪事件は起きていますし、そこに巻き込まれてしまう可能性が絶対にないとは言えないでしょう。

だからこそ、本人が海外で生活しているという自覚が何より大切です。

その自覚があれば、深夜に一人で歩き回ったり、危険な場所で遊び歩いたりするようなことはないはずです。

心がけ一つで、その留学国での安全性は高くも低くもなることをまずは肝に銘じましょう。

その上で・・・という話になりますが、オーストラリアは比較的安全な国だという事が言えると思います。

凶悪な事件が全くないとは言いませんが、日本人留学生が何か命に関わるような事件に巻き込まれたというようなことは全く聞きませんので、そういう意味では治安は良いと思います。

ただし、引ったくりや置き引き等の盗難事件は多々発生していますので、浮き足立った到着当初や、生活に慣れ始めた頃は特に注意が必要です。

また、シドニーは治安の良さもさることながら、交通の便が発達しています。もちろん、日本にはかないませんが、バス(24時間走っています)、電車、フェリー、タクシー等交通機関が発達しています。

シティやその近郊都市にはショッピングモールやコンビニ、レストランも非常に多いので、比較的便利で快適な生活が送れることと思います。(日本が一番快適なのは間違いないのですが)

留学においては、勉強や生活に慣れることに集中したいという生徒さんが多く、治安の良さ・便利さ・快適さは大切な要素だと思いますし、シドニーという都市はそれらの面から考えても私自身お勧めの都市です。

資料請求はこちらから

▲pagetop