オーストラリア語学留学・ワーキングホリデーの無料サポートなら、オーストラリア留学ドットコム。

HOME > お客様の声 > 学生時代に諦めた留学をメルボルンで実現!

お客様の声

学生時代に諦めた留学をメルボルンで実現!

志村 美佳 様 / 20代
12週間

大学生の頃にも留学をしたいと思っていたのですが、金銭的に厳しくあきらめていました。

でも、「今しかできないことをやりたい!」と思い、留学することを決めました。全く留学について知識がなかった私に、留学ドットコムの方がとても丁寧に対応してくれました。

まずは国選びから、丁寧におすすめの国を教えてくれました。いくつか紹介してくれましたが、私はカフェや、きれいな街並みが気に入ったのでメルボルンに決めました!

そして、学校選び。金額や、雰囲気などを考慮し、Ability English のメルボルン校に決めました。

しかし、私が渡航する1週間前に、学校の水道管が破裂し学校が休みになるというアクシデントがありました。そしてそこのビルが暫くの間使えないという事になり他のビルでのスタートとなりました。

学校の場所も変わってしまい、Abilityの設備が整っていなかったので、バタバタとした状況で学校をスタートさせなければなりませんでした。

Wifiもいまいち繋がらず、freeで飲めるはずであったコーヒーやティーももちろんありません。あちらの工事は遅いらしく、結局2ヶ月間は本校舎のビルでの授業は受けられませんでした。

私が渡航した時期は9月だったのですがその時期のメルボルンはこちらが夏だったという事もありとても寒かったです。メルボルンは一日の中で四季があると聞いていましたが本当にその通りでした。

メルボルンの気温は大体朝は7度前後。ホームステイ先では暖房が使えなかったので、毎日とても寒かったです。春用のトレンチコートを持っていきましたが、それ一枚では寒く、ダウンジャケットを毎日着ていて、夜は湯たんぽをして寝ていました。

この時期のメルボルンは春のはずなのにとても寒いので、絶対に薄手のダウンジャケットは必須です。結局私はあちらでレザージャケットと、ニットの洋服を買い足しました。

ホームステイ先は、留学ドットコムさんの提携のホームステイ先でした。しかし、私が思っていたホームステイ先とは少し違いました。私はファミリーと一緒に食事をしたり、土日などはファミリーと一緒に出掛けたりというようなホームステイを想像していました。

でも実際のところ私が受けた印象は、ご飯付のown roomの寮というような印象でした。私の他に中国人が3人住んでいて、ファミリーと一緒に食事をとることはなく、留学生は留学生、家族は家族。というような印象です。少し寂しいような印象を受けました。これは、始めに伝えて欲しかったと思います。

家のルールも厳しく、朝はキッチンを使えません。朝8時以降は使えると言われましたが、それだと学校に間に合いません。なので、寒い朝も温かい朝食を摂ることも出来ず、私はそれがかなり辛かったです。

シャワーも夜10時以降は浴びることが出来ず、トイレも10時以降、朝8時前までは流してはいけない。洗濯は週に1回。ルールがあるのは仕方があないことですが、少し辛かったです。始めはmotherの言っていることが全く理解できず、紙に書いてもらっていました。家の中でのルールは厳しかったのですが、mother、fatherはいい人だったと思います。

家の中で必要になってくるもの、例えば洗濯バサミなどはダイソーがあるので、そこですべて買い揃えました。オーストラリアのダイソーは2ドル80セントですが、広くて割と品ぞろえが良く、日本製のものが買え、日本のお菓子も売っているので、結構な頻度で通っていました。ただ金額は日本よりも高めですCity内に3ヶ所ありました。

また、シティ内に2ドルショップもあります。Reject shopという場所ですが、そこも安く色々なものが買えるので好きでした。

Cityの雰囲気は、ヨーロッパ調の建物がたくさん並び、とてもきれいです。

チョコレート専門店やカフェ、ジャパニーズレストラン、中華、イタリアン、トルコ料理など、ありとあらゆる国のレストランが並びどこの国の料理でも食べられます。私はそれに驚きました!これはオーストラリア独自の食文化がないからこその事だと思います。

メルボルンのCityの道は非常にわかりやすいです!!基本的に縦と横の道しかありません。アジアンスーパーもあり、日本よりは高いですが、ダイソーやアジアンスーパーを巡れば、日本で売られているドレッシング、納豆、厚揚げ、お菓子など、ほとんどのものは手に入ります。八橋や、白い恋人まで売られています!!!

オーストラリアにいて思ったことは、紫外線が本当に強く、乾燥がひどいことで、肌がダメージを受けやすいです!!なので、保湿は心がけた方が良いと思います。アジアンスーパーに行けば日本の顔のパックや、韓国のパックなど売られていますが、基本的にオーストラリアの薬局ではパックは売っていませんでした。でも、アジアンスーパーでパックを買う場合、基本的に値段は日本の2倍します。

Ability Englishの学校についてです。私はこの学校の先生やクラスメートが大好きでした!!!先生はみんなとても丁寧に教えてくれて、授業の中でもゲームが多く、とても楽しく学ぶことが出来ました。

初めの1ヶ月くらいは、先生の指示も何を言っているのかわからず、聞き取ること自体がすごく大変で毎日ヘトヘトでした。宿題については、先生によって出す人、出さない人がいるらしく、先生が気に入らないとクラスを変える人も多くいました。臨機応変に学校側も対応してくれるようです。クラスの何人かで先生を変えてほしいとお願いに行ったら、次の週からそのクラスの先生が変わりました(笑)

授業は午前中は文法、午後はスピーキングや、ゲーム感覚の授業です。みんなの前でパワーポイントを使って発表したり、ディスカッションしたり…私はそういう事が出来ないからこそ留学したのに、やはりそのような授業が少し苦手でした。

まず、質問の意味がわからない、自分が何をするべきかわからない、知らない単語が多すぎて授業についていけない…本当に最初は大変でした。

また、性格上日本人なので、他の国の人のように自分を主張することが苦手で…クラスメートに慣れてからは普通に楽しく話せるようになりましたが、やはり最初の頃は辛かったです。vocabulary不足を痛感しました。やはりもともとのvocabularyが多い人はそれだけ英語の上達も早いし、のびしろがあるとおもいます。しかし私の場合vocabularyがなかったので、とても苦労しました。もっと日本にいるときに勉強しておくべきだったなと思いました。

途中から校舎が直って元のビルに戻ったのですが、フリンダースストリート駅からとても近く、お昼ご飯を買うスナック類のお店も充実しています!クラスもすぐ隣に他のクラスがあって、みんなが顔を合わせ「Hi!」と声を掛け合いながらわきあいあいと学校生活を送ることが出来ました!!

学校には、冷蔵庫や電子レンジも充実しているのでとても過ごしやすい環境でした。学校が終わった後は、仕事にすぐ行ってしまう人もいましたが、ハッピーアワーの時間を使ってみんなでバーに行ったりもしました!ヤラ川の近くだったので景色もよく、最高でした。

また、City内ではlanguage exchange のイベントもあり、そこで現地の友達を作ったり、他の学校の子を知ったりすることもできます。Meet up というアプリを入れてそこで調べるとたくさんイベントが出てきます。そういうイベントに行くと友達もでき、英語を話す機会が増えて良いかもしれません。

また、Cityの交通機関も充実していて、トラムは無料の区間があります。私はホームステイでマイキーパス(定期)を買っていたのであまり関係はありませんでしたが…

そのマイキーパスはすごく便利で、それがあればバスや電車、トラムなどすべてのものが乗り放題です。私が交通機関を使っていて困ったことは、バスに乗った時、バスによってですが、電光掲示板や、アナウンスがないことです。中にはあるバスもありましたが、やはり掲示板やアナウンスもなければ、今自分がどこにいるのかわかりません。グーグルマップの位置情報だけが頼りでした。

運転手の人にここで降りたいと伝えましたが、怒られてしまいました…その時隣に乗っていたおじいちゃんが教えてくれましたが…バスによってですが、初めての場所でそれはとても不安でした。

オーストラリアの洋服について思ったのは、質が悪い割には、値段は高めだという印象を受けました。私は3か月だけだったので、本当に必要最低限の服しか買いませんでしたが…私が洋服を買うのにおすすめのスポットはやはり、アウトレットです。DFOアウトレットはすごく安く色々なものが買えてとても良い買い物が出来ました。私がもう一つ行ったアウトレットがハーバータウンという所です。アクセスが悪くてCityからは少し遠いですが良い買い物ができたと思います。
そして、ビクトリアマーケットもおススメです!!!夕方に行くとすごく混んでいますが、なんでも売っています!!

その他、私が行ったところはグレードオーシャンロードと機関車に乗る自然豊かなパフィンビリーという場所、そしてグランピアンナショナルパークです。
「オーストラリアにいるなー」という感じがしてとても美しく自然豊かなところでした。

私は初めての海外留学で不安という事もあり、3か月間ホームステイをしていましたが、やっぱりシェアハウスも経験した方が良かったなと思いました。

ホームステイなのでルールも多く、まず、Cityから離れているので、夜遅くまで友達と遊ぶこともできず、night life はenjoy出来ませんでした。

やはり友達は近くに住んでいたので夜クラブに行ったり、みんなでホームパーティーをしたりととても楽しそうだったので、もしも私がまた行く機会があれば、シェアハウスにしたいなと思います。

あちらのアパートはとても設備が充実していて、ジム、プール、サウナ、ボルダリングが付いています。私はそれに感動しました!!!

私はお風呂が大好きで3か月間シャワーだけの生活だったのでメルボルンにいるときは日本がすごく恋しかったです。でもいざ帰ってくると、本当に良い思い出になったし色々な国の人に出会えてよかったなと思います。

また行きたいです。

以上で私のメルボルン留学体験記を終わります。

志村 美佳さんが通った学校はこちら

Ability Englis,Melbourne

おすすめポイント

  1. 国籍豊かな学校でフレンドリーで明るい雰囲気
  2. 一般英語から進学英語まで一貫した質の高い授業
  3. 積極的に英語を使用するアクティビティが人気
▲pagetop