オーストラリア語学留学・ワーキングホリデーの無料サポートなら、オーストラリア留学ドットコム。

オーストラリア留学なら留学@オーストラリア > お知らせ&更新情報 > Max Therapy Instituteスタッフの青木 瞳さんがお越しになりました。

お知らせ&更新情報

Max Therapy Instituteスタッフの青木 瞳さんがお越しになりました。

2016/10/28 16:21:25

専門学校Max Therapy Institute日本人スタッフの青木 瞳さんが2016年10月13日、留学ドットコム東京オフィスに来社されました。学校の詳細からおすすめの渡航プランまでをご紹介致します。

Max Therapy Instituteは、メルボルンにあります20年以上ローカルの生徒向けにコースを提供してきたセラピストになるためのマッサージ専門学校です。

2015年から留学生の受け入れも開始し、今や全体の8割が留学生で占めており、日本人の生徒は少なく多くがヨーロッパ系の学生になります。
CIJ3

またキャンパス内にスチューデントクリニックがあり、Max Therapyという店舗(現在24店舗あり)も所有しているため、そこでのインターシップもカリキュラムに組み込まれています。

(※ディプロマ以上のコース受講でショップでのインターンが入ります)

キャンパス内にあるスチューデントクリニックは週3回営業しており1日30-40名程のローカルのお客様も来ます。

サーティフィケートコースを修了した時点で、有給のお仕事を紹介することも可能です。(就労を保障するものではありません)

※左写真は日本人スタッフの青木 瞳さん

 

 

主なコース概要

コース期間6ヵ月:マッサージセラピープラクティスサーティフィケートIVコース

リラクゼーションマッサージの基礎を学びます。

コース期間15か月:ディプロマ リメディアルマッサージ

リメディアルとは、治療的なマッサージで筋肉に働きかける手法となります。

コース期間18ヵ月:アドバンスディプロマ マイオセラピー

針治療、先日のオリンピックでも話題になったカッピングなど部位を集中して癒す方法を学びます。

 

全て週2回コースです。

ディプロマコースには、サーティフィケートの内容も含まれておりますので、最初からディプロマコースを受講されても問題ありません。また現地でサーティフィケートコースからディプロマコースへ変更することも可能ですが、その際学生ビザを再度申請する必要があります。

※それぞれのコースは入学基準(IELS5.5以上必要)が設けられております。必要な英語力に達さない場合は提携の語学学校(INUS、Ability、Lyceum、Discoverなど)で英語コースを受講して頂く必要がありますのでご了承ください。

CIJ3

※写真はPractical room

因みにセラピストの資格が取れますと、オーストラリア国内で給料の良いお仕事が見つかり易く稼げますし、経験値もアップします。

おすすめは、まずは学生ビザで(語学学校→)Max Therapy Instituteに入学、その後、国外でワーキングホリデービザを取得し、オーストラリアに再入国→フルタイムでセラピストとして働くというものです。

日本語資料はこちら

以上となりますが、ご不明な点は弊社までお問い合わせください。

資料請求はこちらから

▲pagetop