オーストラリア語学留学・ワーキングホリデーの無料サポートなら、オーストラリア留学ドットコム。

オーストラリア留学なら留学@オーストラリア > オーストラリア現地生活情報 > オーストラリアの病院・医療機関

現地生活情報

オーストラリアの病院・医療機関

病気や怪我の緊急対策-現地の医療機関

慣れない海外での生活をするにあたって最も気になることの一つに病院や医療機関があると思います。万一の病気や怪我の場合を考えて、現地の緊急時の連絡先、医療システムを知っておきましょう。 

緊急時の連絡

緊急連絡電話番号 000 (警察Police、消防Fire Station, 救急車Ambulance)

連絡方法

  1. 000にダイアルする。
  2. オペレーターが出たら緊急事項の内容を伝える。
  3. 住所、連絡先、地域名を伝える。また、どのような症状なのか、事故なのかも。
  4. 事件又は事故がおきた住所と状況を伝える

※オーストラリアでは、救急車は有料になり、距離に応じた請求書が後で送られて来ます。これらはメディケアではカバーされないので民間医療保険に加入することをお勧めします。 

オーストラリアの医療システム

オーストラリアで医師にかかるには、まずGP(General Practitioner)と呼ばれる一般開業医で診察をします。GPは専門分野を持っていなく、全てに渡っての基礎知識を持っているので風邪や軽い怪我ならそこで治してもらえ、薬も処方してもらえます。
GPに行く前には必ず電話で予約をしてください。

GPでの診断を受けた際、GPが専門的な治療が必要と判断した場合専門医(Specialist)への紹介状を書いてくれます。
専門医の予約は少なくとも1週間先となるので、その際も自ら電話の予約をするか、緊急の場合にはGPに頼んで優先的に予約を取ってもらうと良いでしょう。
各地域にMedical Centreなど必ずありますので調べておきましょう。安心して信頼できるドクターを探しておけばいざという時心強いでしょう。 

  • 日本語の通じる医療機関

    オーストラリアの主要都市には日本人医師又は日本語の話せる医師、又は看護婦、通訳者のいる医療機関があります。

  • 海外旅行保険の適応

    上記のような日本人・日本語環境の医療施設では、そのほとんどが海外旅行保険のキャッシュレスサービスを行っています。

    ただ、緊急時に例えキャッシュレスを適応できない病院へ行った場合も立替払いの後保険会社に請求することができますので、請求の為レシートを必ず保管しておいて下さい。

    もしも金額が大きく立替が不可能な場合は、直接保険会社に支払いを請求することも可能です。

  • 海外学生健康保険の適応

    学生ビザ保持者に加入が義務付けられている留学生健康保険(OSHC)の場合は立替払いの後レシートのオリジナルをつけて請求します。7割程度(返金が適応されない場合もあります)が払い戻しされます。

    ただしこのOSHCでは海外旅行傷害保険のように携帯品の紛失や損害などは適応されません。心配な方は日本からOSHC以外に必ず海外旅行保険に加入してこられることをお勧めします。

日本語が通じる医療機関

  • シドニー

    機関名
    TOWNHALL CLINIIQUE-タウンホールクリニック

    住所
    Level 1, 50 York St. SYDNEY NSW 2000

    連絡先
    TEL 1800 355 855

    機関名
    DR. C. RAPPAPORT-ドクター セリーナ ラパポート

    住所
    37 George St, The Rocks, SYDNEY NSW 2000

    連絡先
    Ph: 02 9247 4653

  • ブリスベン

    機関名
    DR. T. OKADA-ドクター オカダ

    住所
    Suite 19, Level 1, Silverton Place, 101 Wickham Terrace, BRISBANE

    連絡先
    Ph: 07 3831 7001

  • ケアンズ

    機関名
    CTL medical service- CTL・メディカル・サービス

    住所
    Cairns Corporate Tower, 15 Lake St. Cairns Qld 4870

    連絡先
    Ph: 1800-450-110  

  • ゴールドコースト

    機関名
    The Internaitonal Medical Centre-インターナショナルメディカルセンター

    住所
    Level 2, McDonald’s Bldg, Cnr Cavill Ave & The Esplanade, SURFERS PARADISE

    連絡先
    Ph: 1800 686 099

  • メルボルン

    機関名
    Swanten Clinic-スワンストン クリニック

    住所
    Level 2, 55 Swanston Street, Melbourne

    連絡先
    Ph: 1800 677 177(24時間対応)

無料通訳サービス(HEALTH CARE INTERPRETER SERVICE) 要予約

  • シドニ-北部郊外

    RNS(ロイヤルノースショアホスピタル)
    Ph : 02-9438-7560

  • シドニー西部

    HEALTH DEPARTMENT OF N.S.W
    NSW州ヘルスデパートメント
    PARRAMATTA CENTER
    パラマッタセンター内
    Ph : 02-9633-5444 

  • シドニー南部

    ROYAL ALFRED HOSPITAL
    ロイヤルアルフレッドホスピタル
    Ph : 02-9516-6999

薬の処方

医療機関にかかった場合、抗生物質、血圧の薬、強い鎮痛剤などは医者からの処方箋を持ってChemist(ケミスト)又はPharmacy(ファーマシー)と書いてある薬局へ行き購入します。
薬の代金はメディケアでは適用されていないため全額支払うことになります。

また、医者の処方によらずとも、一般的な薬は日本の薬局のように処方箋無しで買うことができますが、その際は体の大きさによって服用を考えなければならないので注意が大切です。

日本で市販されている頭痛、鎮痛剤のバッファリンのような薬は、現地ではパナドールと呼ばれる薬として広く服用されており、他の一般的な風邪薬、咳止めなどは薬局でなくてもスーパーマーケットでも売られています。

資料請求はこちらから

▲pagetop