オーストラリア語学留学・ワーキングホリデーの無料サポートなら、オーストラリア留学ドットコム。

オーストラリア留学なら留学@オーストラリア > オーストラリア現地生活情報 > オーストラリアの銀行口座開設方法

現地生活情報

オーストラリアの銀行口座開設方法

海外生活をする上で最も重要なことの一つは、生活のための資金をどのように管理するか、です。お金の管理にはいろいろな方法がありますが、ワーキングホリデーや学生ビザで長期の滞在をされる方には、現地の銀行での口座開設をお勧めします。その際は学校や住まいの近くの主要銀行に口座を開設しておくと非常に便利です。

現地の銀行システムとは?

オーストラリアの銀行システムには日本の様な銀行通帳はなく、手続きの際に提示した住所へ定期的な期間毎にBank Statementが送られてきます。Statementに関しては、必要な時に、銀行で出してもらうことも可能です。
以下にオーストラリアの主要銀行と口座の開設の仕方、便利なシステムについてご説明します。 

オーストラリアの主な銀行

銀行の営業時間

銀行や地方の支店等によっては例外もございますが、オーストラリアのほとんどの銀行の営業時間が、月曜日から木曜日が9時から16時まで、金曜日は9時から17時までとなっております。
例外の例としては9時半から開いたり、4時半で閉まったりするところもあります。
また、ほとんどのATMが24時間一年中使えますが、やはり時間によって規制をするものもあれば、機械の調子等で一時的に閉まっているものもあります。

銀行口座の種類

オーストラリアの銀行口座には以下の様な種類があります。学生ビザやワーキングホリデービザで来豪の方が口座を作る場合、通常のお金の出入りには普通預金(Saving Account)を、お金を使わずに貯めておくお金に関しては、定期預金(Term Deposit)の二つが主になると思われます。

  • 普通預金-Saving Account
    日本の銀行口座と同じでATMや窓口で通常入出金を自由に行える口座。但し、ATMだと一日に下ろせる限度額があるので要注意。
  •  
    定期預金-Term Deposit
    日本の定期預金と意味は同じ。但し、金利が日本より良いので使わないお金は入れておくと良い。
  • 当座預金-Cheque Account
    小切手用の口座。小切手をつくりそれによって支払い入金を行う口座。
  • キャッシュマネージメント-Cash Management
    普通預金と定期預金の中間。但し、最低限度額$5000が必要。 

口座の開設の仕方

オーストラリアで銀行口座を開設するには、ほとんどの銀行で到着後6週間以内であればパスポートだけの提示で講座を開くことのできる銀行もありますが、いくつかの銀行や到着後6週間を過ぎた場合には、他にいくつか身分を証明するものを求められる場合もあります。
また、学生の場合は口座手維持数料(Account Keeping Fee)が無料となりますが、学校に通われないワーキングホリデーの場合はほとんどの銀行で毎月$5程の口座維持手数料がかかります。(観光ビザの方の口座開設はできません。)

  • 開設に必要なもの

    パスポート、オーストラリアの運転免許証、写真のついた学生証、金融機関からの身分証明証、光熱費などの請求書、賃貸契約書など。(ただし各領収書を提示する際は、その領収書の名義が口座を開設する本人の名前である必要がございますので、自分がオーナーではないシェアハウスの領収書は適応されません)
    必要となる各種書類は銀行によって違ってきますので、口座を開く銀行に問い合わせる必要があります。

  • 開設の仕方

    上記の身分証明書を持って、銀行の窓口に行き、申し込み書に必要事項を書き込みます。普通預金と当座預金の場合、ATMでの出入金やEFTPOSでの買い物の際に使用することのできるキャッシュカードが作成されます。(その場でもらえる場合と、後日郵送の場合あり)。
    カードには、暗証番号が必要ですが、銀行から送られてくる番号の場合と、自分で決められる場合があります。カード取得後はカードの裏に申請書と同じサインを書き込みます。
    また、インターネットバンキング、テレフォンバンキングの場合であっても、登録番号やID番号、暗証番号が作成されます。

お金の入金と引き出し(ATM)

お金の入金と引き出しは、日本と同様に窓口やATM(できないものも有り)で行えます。 引き出しに関しては、窓口での引き出し、AT共にカードの暗証番号(Pin Number)が必要となります。
ATMは、故障とか現金不足などの理由による一時中止以外は、基本的に24時間一年中使用できます。各銀行のプランによっては月々の無料引き出しの回数に制限があるものもあり、その場合回数を超えてしまうと毎回手数料が取られてしまいます。
又、ATMで一日に引き出せる限度額が決まっていますので、それを超えてしまった場合は窓口で引き出すこととなります。

銀行カードで買い物(EFTPOS)

オーストラリアの銀行カードで便利なのがEFTPOSと言うシステムです。オーストラリア国内のほとんどのスーパーマーケットやコンビニエンスストア、各種お店において、FTPOS可となっているところでは、例え現金がなくてもATMに行く必要なく、直接銀行のカードで引き落しができます。
このEFTPOSの使い方は、レジにてEFTPOSの機械にカードを通し、Saving又はCredit又はChequeを選び、暗証番号を入力します。この時点で買いたいもののお金は引き落とされることになりますが、EFTPOSではい物の金額以外に現金を引き出したい場合、その時に引き出したい金額を言えば、その場で現金が引き出せます。
カード使用時にお店の店員さんから、Any Cash-Out?と聞かれると思いますので、引き落としたい場合にはその金額を告げましょう。

請求書などの支払い方法(Bpay)

請求書の支払方法として、銀行口座から直接支払いのできる方法の一つがBpayです。請求書の裏の支払い方法にBpayのマークがあるとこの方法で支払うことができます。
>詳しくはBpayでの支払い

インターネットバンキング

このインターネットバンキングは非常に便利なシステムです。 2006年の時点でオーストラリアの主な金融機関の定期預金(Term-Deposit)が年金利5~5.25%とすると、インターネットバンキングは5.5%くらいになります。
しかもこのインターネットバンキングでは、定期預金とは異なり下ろしたい時に預金をいつでも下ろすことができ、パソコンで残高(Balance)をいつでもチェックすることができる等の利点もあります。
インターネットバンキングは現在、オーストラリアにおけるほぼすべての主要な銀行で扱っているので、普通口座を開設した際には各銀行の方に尋ねてみてください。

その他の金融機関の用語(terms)

  • 預金(入金)する:Deposit, put money in.

    例「Can I have a deposit please?(お金を預けたいのですが)」

  • 引き出し:Withdraw, get money out

    例「Can I get money out please?(お金を引き出したいですが)」

  • 開設

    例「I would like to open my bank account please.(口座を開設したいです)

  • 身分証明:ID(Identification Number)
  • 金融機関:Financial Institution

資料請求はこちらから

▲pagetop