オーストラリア語学留学・ワーキングホリデーの無料サポートなら、オーストラリア留学ドットコム。

オーストラリア留学なら留学@オーストラリア > オーストラリア現地生活情報 > オーストラリアの気候と時差

現地生活情報

オーストラリアの気候と時差

オーストラリアの気候

日本でも北海道と沖縄では気候が異なるように、総面積が日本の約21倍といわれるオーストラリアでは、地域によって気候が大きく異なります。代表的な都市と気候の関係をみていきましょう。

  • ダーウィン・・・熱帯雨林気候
  • ケアンズ、アリススプリングス・・・熱帯性気候
  • ブリスベン、ゴールドコースト・・・亜熱帯性気候
  • シドニー、キャンベラメルボルン、アデレード、パース・・・温帯性気候

オーストラリアの時差

日本のように縦長な形ではなく、縦にも横にも広いオーストラリアでは国内でいくつかの時差の区切りがあります。
日本の時間を基に時差を表しますと・・・

  • 日本時間-1:30・・・WA:パース
  • 日本時間+0:30・・・NT:アデレード、SA:ダーウィン
  • 日本時間+1:00・・・QLD:ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコースト、NSW:シドニー、VIC:メルボルン、ACT:キャンベラ、TAS:ホバート

また、オーストラリアではDaylight Savingと呼ばれるサマータイム制度があり、10月最終日曜日から3月の最終日曜日まではSA、NSW、VIC、TAS、ACTのみ1時間時間が進みます。

資料請求はこちらから

▲pagetop