オーストラリア語学留学・ワーキングホリデーの無料サポートなら、オーストラリア留学ドットコム。

オーストラリア留学なら留学@オーストラリア > オーストラリア現地生活情報 > オーストラリアのインターネット事情

現地生活情報

オーストラリアのインターネット事情

オーストラリアでのインターネットの接続

日本と同様、ここオーストラリアでもインターネットはビジネスや一般家庭で生活に密着しております。年齢性別職業を問わず、Emailで家族や友人とやり取りをしたり、学校の宿題にもネットを使って調べたり、なくてはならないような存在になっています。

オーストラリア人不だけではなく、海外から来るワーキングホリデーメーカーや留学生は、情報センターやインターネットカフェにて、又は、自分でノートパソコンを持って来て、自国のニュースや様々な情報を得たり、家族や友人と連絡を取り合うために一日に少なくとも一度はネットを使っていることでしょう。

そんなオーストラリアのインターネット接続に関しては、ダイヤルアップ方式、ADSLとあります。時が経つにつれ、一般家庭のADSLの普及も高まって来ました。

インターネットが使える場所

自分で接続をしなくても、無料又は、少しのお金を払ってインターネットが使える場所は以下のようなところがあります。

インターネットカフェ

オーストラリアの主要都市には、街中に多くのインターネットカフェがあり(田舎町でもあるところにはあります)、多くの人が毎日利用しています。料金は大体1時間3,4ドルくらいからとなっておりますが、日本語対応ではないところも多くあります。

学校・図書館

ほとんどの語学学校やTAFE,大学、公立図書館や学校の図書館にもコンピューターが設置されています。しかし、ほとんどの施設で台数が限られているので、予約の必要性があったり日本語対応のないところもなかったりします。

情報センター

主要都市にあるほとんどの日本語情報センターで使うことが可能です。ただしこの場合も時間制限があったりお金を取られたりします。ただ、これらの日系情報センターでパソコンを利用する利点は、必ず日本語対応であるということです。 

インターネットプロバイダー

非常に多くのプロバイダー会社がある日本と比べると多少見劣りはしますが、オーストラリアでも現地大手電話会社が、ダイヤルアップ方式やADSLのプランをいろいろ提供しており、又、日本のプロバイダーもいくつかあります。

安い契約価格を例に挙げますと、ダイヤルアップ回線なら月9ドル契約することができます。一方ADSLは、一年などの長期契約が必要となりますが、日本のプロバイダーでは長期契約必要のないところもあります。

又、地域によってはCableなどの工事が必要になるものから、インターネットキットを買って自分でつなぐことのできる、契約のいらないタイプもあります。インターネット上記のような施設や情報センターで使わずに自分で契約をする際は、滞在期間や、予算を考慮して選ぶようにしましょう。

プロバイダー プラン
Telstra Bigpond
テルストラビッグポンド 
 
オーストラリア最大の電話会社。  ・Dial Up プラン
$15.95(7時間)から
・ADSL
$29.95(200MB)/月から
・Pre-Paid キット
$9.95(6時間/30日以内)から
>詳しくは、Bigpondサイトへ

Optus Net
オプタスネット
 
長距離通話における最大手会社。  ・Dial Upプラン
$14.95(10時間)から
・ADSL
$29.95(200MB)/月から
・Pre-Paidキット
$19.95(25時間)から
>詳しくはOputusNetサイトへ

DoDo
ドードー 

格安プロバイダーのひとつ。  ・Dial Upプラン
$9.90(無制限)/月から
・ADSL
$24.90(256MB)/月から
>詳しくはDoDoのサイトへ 

Tokyonet(東京ネット)

日系のプロバイダー。日本語サポートプラスADSLの長期プランでも契約の必要なし。 ・Dial Upプラン
$9.90(5時間)/月から
・ADSL
$47.00(500MB)/月から 
>詳しくはTokyonetのサイトへ

Go Talk
ゴートーク ローカルのプロバイダー
Dial Up plan
60¢/1day
ADSL
$39.99(256MB)/月から 2年契約
https://www.gotalk.com.au/gotalk/

注意事項

以上のように、オーストラリアにはいろいろなインターネット仕様のオプションがありますが、ここで注意していただきたいのはプランの料金が安いからといってそのまま結果的に安くなる」わけではないということです。

例えば、GOTALKのようにUNLIMITEDで256バイト、2年契約するとモデムと10Month-Freeがというサービスがついてきます。長期滞在予定の方、しかも2年以内に引っ越す気がない人には上記のプランがお勧めですが、2年以内に解約すると違約金として$200以上も取られます。

他のブロードバンドもたいてい同じような契約となっておりますが、日系業者の東京ネットの様に長期の契約なしのところなどがあるので、1年以内の契約の方にとってはが結果的に特になる可能性もあります。

また、もう一つの注意点として、オーストラリアでは基本的に対応が日本に比べ遅い傾向があります。日本のようにお客様第一という概念が皆無なので、複数の会社に電話で問い合わせをし、電話の対応が親切で適切なところを使うことも一つの策だと言えます。全ての企業に当てはまるとは言い切れませんが、電話の対応と接続などのサポート対応には、そのサービスの質が比例する傾向があるようです。

資料請求はこちらから

▲pagetop